吾道館について

大韓テコンドー協会が設立される前、韓国には当時9つの館がありました。

そのうちの一つが「吾道館」です。

 

韓国9大館

・青濤館(チョンドグァン청도관)

吾道館(オドグァン/오도관)

・国武館(クンムグァン/국무관)

・正道館(ジョンドグァン/정도관)

・青龍館(チョンヨングァン/청룡관)

・松武館(ソンムグァン/송무관)

・智道館(チドグァン/지도관)

・彰武館(チャンムグァン/창무관)

・武徳館(ムドックァン/무덕관)

 

チェ・ホンヒ創始者直筆の書
チェ・ホンヒ創始者直筆の書
吾道館マーク
吾道館マーク

吾道館はテコンドーの始まりとして、チェ・ホンヒ創始者によって1954年 江原道(カンウォンド)の陸軍26師団で開館されました。

 

初代館長としてナム・テヒ師範が歴任し、1966年 ITF(国際テコンドー連盟)の創立によって主体勢力となりました。

 

1978年、国技院中央道場の開院に伴い道場の一元化(館の統合)が行われ、それによって館がなくなりましたが、金国煥テコンドースクールでは吾道館の伝統を重んじ修練しております。

 

チェ・ホンヒ創始者とナム・テヒ師範
チェ・ホンヒ創始者とナム・テヒ師範
1966年 ITF国際テコンドー連盟創立懸板式
1966年 ITF国際テコンドー連盟創立懸板式